10年でセミリタイアするために必要なこと

スポンサーリンク
投資

今まで、ただなんとなくセミリタイアを目指していましたが、40代で(あと10年で)セミリタイアをするにはどれくらい必要なのかという、明確な数字を出して目標を立ててみました。※税金等は考慮しないことにします。

金額だけ達成はできてもなかなか実行はできないかもしれませんが、自分の選択肢が広がり、生活に余裕ができるというメリットしかないと思っていますので

これからもセミリタイアが最終目標として考えていきたいと思います。

セミリタイアができなくても、自分の力だけで稼ぎサラリーマンを卒業できる日を夢見ています。それではみていきましょう。

スポンサーリンク

セミリタイアするために必要な額

セミリタイアを実現するためには、

・月々の生活費

・不測の事態に備える貯蓄

が必要になってきます。

圧倒的な貯蓄が3億円あったとしても、日々減っていく残高というものは恐怖でしかないと思いますので、日々の生活費を賄う所得もいりますね。

働かずに、日々の生活費を得るためには、投資をする必要があります。

年間の生活費が400万と仮定し、

投資オンリーで生活費を賄おうと思うと

・年利20%(リスク大)2000万投資

・年利10%(リスク中)4000万投資

・年利5%(リスク小)8000万投資

個人的にはなかなか厳しい数字ですね。

年利20%の商品に2000万を投資して、仕事をやめるのは

僕はできませんね。リスクとりすぎて泣きそうです。夜も寝られません。(これは個人差があると思いますのでメンタル強めであれば結構簡単に達成できそうですね)

サイドFIRE(副業をする)であれば状況は変わる

副業でいくらか稼げる状況であれば
必要な額は変わってきます。
年間200万稼ぐのであれば、残り200万でいいので
だいぶ楽になりますね
また、生活費を400万から300万に減らすことができれば、さらに楽になります。

収入を増やすより、支出を減らす方が簡単にできます。ただ、やりすぎると生活が楽しくなくなってしまうのでそれでは、本末転倒なので意味がありません。

ちょうどいいところを探して、無駄をなくしていきましょう。

40代でセミリタイアするための投資

ETF集中投資でセミリタイアを実現するため投資を考えてみました。

ティッカー:QQQ(インベスコQQQトラスト・シリーズ1)

GAFAM(google、amazon、facebook、apple、microsoft)を全部含んでいるETF
過去10年では年利17%程度(10年で5倍程度)の利回り

ティッカー:VHT(バンガード・ヘルスケアETF)

J&Jやファイザー、ユナイテッドヘルスなどヘルスケア系のETF
過去10年で年利14%程度(10年で4倍程度)の利回り

現在のポートフォリオ
S&P500連動の投資信託(過去10年リターン年利7%程度)
夫婦で年間80万(積立NISA)

QQQ
年間12ヶ月x200ドル=約24万

VHT
年間12ヶ月x200ドル=約24万

10年では2000万程度(あくまでも過去の話)ですね~。

今の投資リスクでは到達できそうにありませんw

15年なら、5000万程度(あくまでも過去の話)になるので、視野に入る程度には育っていますね。

4%ずつ取り崩していけば、年間200万の不労所得になりますね。

引用:ポートフォリオビジュアライザー楽天証券積立シュミレーション

まとめ

今日は40代で(残り10年程度)でセミリタイアするための方法を考えてみました。

投資のみで生活費を獲得するためには大金が必要で、できるだけ集中投資してリターンを高める必要がありました。

なので、投資だけではなく、副業をしたり生活費を減らしてあげるとセミリタイアにもっと近づけるという話でした。

1日でも早く自由を目指してこれからも日々の生活が苦しくならない程度に頑張っていこうと思いました。

※投資は自己責任です。

よく考えてから投資しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました