【初心者向け】SBI証券で米国ETFを買う方法(スマホでも可能)

スポンサーリンク
投資

みなさんこんにちは。さかな(twitter@kfishk)です!

米国の大統領選挙の影響や新型コロナウイルスによる影響を受け、先週は業績が良い銘柄まで大きく売られてしまいましたね。コロナがまだまだ蔓延してしまっているので仕方ないっちゃー仕方ないのかなって感じですが、今後社会がどう変わっていくのか、個人的には楽しみです。(新しい技術に触れたりするのは好き)

人類は何度も壁を越えて、それに合わせて生活様式を変えてきているので今回も大丈夫だと根拠のない自信を持っています。変化を恐れず、NEW WORLDに適応できるようにしていきたいですね。(テレワークうらやましい)

そういう背景のもとに、米国株で有名な指数である、S&P500指数が週足レベルで-5%以上下がりました。短期的な下落は長期的には押し目なので僕は買い時だと判断しています。が、下げ止まらない可能性も全然ありえる話ですので、資金管理には気を付けてしっかりリスクをとっていかないといけない場面だと感じています。

自分の無理のない範囲でリスクをとれた人が将来のリターンを得ることができます。ギャンブル的な買い方ではなく、銘柄・時間でリスクを分散しリターンをとっていきたいですね。

ということで、今日は僕がリアルで買っているETFの買い方を紹介していきたいと思います。

ETFの使い方は過去の記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、見ていきましょう。

スポンサーリンク

ETF買い付け方法

今回は僕が普段米国ETFを買い付けているSBI証券での買い付け方法を説明したいと思います。

SBI証券はネット証券でもトップクラスの手数料ですので、おすすめです。

口座開設がまだの人は無料ですので、ぜひ。

今なら(2020年11月2日現在)、SBI証券と連携しているSBI住信ネット銀行は普通預金でも利率(0.01%)ですので、こちらに預金するだけでもお得です。

スマホの方はアプリではなく、PCサイトを開いて買い付けしましょう。

残念ながらまだアプリでは買い付けることができません!!(マイナスポイントです)

それでも普通に使いやすいとは思うのでおすすめなのは変わりませんが。

口座が開設できた方はまず、①ログインします。

ID(ユーザーネーム)とパスワードは忘れないようにメモしておきましょうね。

次は外国株式 海外ETFをタップします。

そして、少し下にスクロールします。

すると、外国株式取引サイトへがでてきますので、それをクリックorタップ👆

すると、この画面がでてきます。

「ホーム」「投資情報」「取引」「注文照会」・・・

のところの「取引」を押します。

そして、買付に✅が入っていることを確認。

ティッカーのところには自分が買いたい銘柄コードを入力します。

画像では「VGT」となっていますね。そして、「株数」のところに買いたい口数を入力

「価格」のところで指値・成行・逆指値を選んでいきます。(買いたい価格が決まっている人は指値で刺さるのを待つのもいいですが、僕は定期的に買い付けているのでほとんどの場合「成行」です。価格変動のリスクはあるので不安な人は指値おすすめ)

次は「期間」を確認。「預り区分」は確定申告がめんどくさいよって方は特定預り(ほとんどの人が特定で良いと思われます)にチェック。

そして、最後に決済方法ですが「外貨決済」と「円貨決済」があります。

字の通りなんですが、外貨か円で決済するのを選べます。

僕は「円貨決済」を採用していますが、「外貨決済」のほうが手数料を節約できます。(今回は省略しますが、円をドルに換える必要があります。その際に手数料の安いSBI住信ネットで先にドルに両替しておくというものです。)

取引パスワードを入力して・・・注文確認画面を押す!!👆👆👆

そして、問題がなければ注文発注をプッシュ!👆(この画像はVHTを購入してる画像ですね。すいません)

注文が完了しました!

あとは、勝手にやってくれます(^^♪

今回はVGT(情報技術セクター)とVHT(ヘルスケアセクター)を買い付けてみました。

どうでしょう?できるだけわかりやすく解説したつもりですが・・・。

最初は本当に大丈夫?買えてるかな?って不安でした。。でも、現物で買っていればその価格以上に損することはありませんので、大丈夫です。超最悪な場合でも、それだけの損失で済みます。なので自信のない方は少額から始めてみてくださいね。

まとめ

✅ETFの買い付け方法

✅買う際の注意・気を付けること

を解説してきました。

証券会社の窓口に行かなくても、ネットで完結できるのはすごくいい時代になったなと思います。

これからもどんどん社会が発展していくことを期待しています。

メディアでは悲観の情報がよく流れてきますが、社会はコツコツ成長しています。

悪いことばかりではなく、良いことにも溢れています。悲観するだけではなく、良い点を探してみるのもいいかもしれませんね。見つからないな~って方はこちら読んでみてくださいね。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました